靴擦れで小指に水ぶくれが出来ると注意が必要?

スポンサーリンク

靴擦れというのは、自分の気づかないうちに出来るているという事がありますよね?
特に、新しい靴を履いている時に多く起こるのですが、皆さんも新しい靴を履いて気分よくお出かけをするという事があるかと思います。
そして、家に帰ってみるとなんだか、足が痛い…。
そうです、靴擦れが出来ていたという事があるかと思います。
さて、今回は「靴擦れによって小指に水ぶくれができていた。」ということについて説明をしていきたいと思います。
新しい靴というのは、自分の足になじんでいません。
靴というのは、誰もが履くことが出来るように、ある程度の形で作られており、万人向けの使用になっています。
しかしながら、そこの万人向けの靴こそが、靴擦れを生む原因になるんです。
一人ひとり足の形いうのは、異なっているので、新しい万人向けの靴を履くことで足の形が違う部分がすれていってしまいます。
そのため、この部分は摩擦や圧迫によって靴擦れが起こります。

スポンサーリンク

特に女性向けのヒールの靴に多く見られる症状なのですが、これはヒールの形の特性上なかなか防ぐことが難しいかと思います。
また男性でも革靴など素材が硬い靴に関して、起こる症状でもあります。
さて、靴擦れによって水ぶくれが出来たら、どうすればいいのでしょうか?
この治療というのは、そんなに難しいものではありません。
水ぶくれが破れないようにするのがいいのですが、行動するうえで靴を履くので、破れたら仕方がないといえます。
そして水ぶくれが破れたら、消毒の他に絆創膏をしようします。
絆創膏というのは殺菌作用あり、なおかつ簡易的ではありますが、サポーターのような役割をします。
出来ればキズパッドのようなものをしよすればなおいいかと思います。
また靴擦れの治療中には、履きなれた靴やサイズにある程度余裕がある靴を履き、あまり患部を圧迫しないようにしてください。
また、あまり窮屈な靴を履く場合には、靴擦れによる水ぶくれが発生する以外にも小指が徐々に曲がっていくという事もあります。
小指が曲がることを「内反小趾」(ないはんしょうし)といいます。
このような症状になると、様々な弊害が体におこりますので小指に水ぶくれができた場合には、単なる靴擦れと考えず、履きなれた靴と交互に履いていき、徐々に新しい靴を自分の足の形に慣らしてくといいかと思います。

スポンサーリンク