靴擦れが親指の付け根に出来たときは注意が必要!?

スポンサーリンク

皆さんは、新しい靴を履くときというのは、どのような気持ちですか?
ほとんどの方がすがすがしい気持ちで新しい靴を履くのではないでしょうか?
せっかく買った新しい靴をいやいや履くという方もまずいないとは思いますけどね(笑)
さて、今回はそんな新しい靴を履くという気持ちを踏みにじってしまう靴擦れのお話になっていくのですが、「親指の付け根の靴擦れ」について説明をしてきたいと思います。

 

靴擦れの原因

 

せっかく新しい靴と冒頭で申しておりますが、この新しい靴というのが特に靴擦れを生む原因でもあるのです。
靴の形というのは、万人にある程度あわあせてつくれられています。
いわば誰にでもそれなりに履くことが出来るというものです。
しかし、我々の足というのは誰一人として同じ形の人はいません。
「足が長かったり幅が広かったり、厚かったり、薄かったり」とまちまちです。
そのため、新しい靴を履き始めた時というのは自分の足に靴があっていないという状態になるんです。
素材にもよりけりな部分がありますが、徐々に履き続けることで、自分の足になじんでいきます。
素材が柔らかくなったり、靴の形が変わって行ったりします。
これによって靴擦れというのはなくなっていくのですが、それまでに摩擦により足と靴が密着している部分が擦れてしまい靴擦れが起こるんです。

スポンサーリンク

 

親指の靴擦れは怖いんです!

 

親指の靴擦れというのは、単にほかの場所と同じように考えてはいけません。
特に足の付け根が圧迫されている時というのは、非常に注意が必要になるんです!
そして「外反母趾」「指上げ足」といった足の指が曲がってしまう症状が起こります。
特に女性の場合には、パンプスやヒールと足を美しく見せる靴が多いのですが、足の指を押し込めてしまうという事が多いので、女性に多く症状がみられます。
さらに足というのは人間の重みをすべて抱えています。
そのため、足の指が曲がってしまうと、次第に体自体が歪んでしまうという事につながります。
ですので親指の付け根の靴擦れというのは、外反母趾につながる症状でもありますので、わかった時点で、自分にあった靴と交互に履いて、新しい靴をゆっくりなじませるといった方法をとってみてください。

スポンサーリンク