靴擦れで水ぶくれが小指にできたらどうすればいいの?

スポンサーリンク

女性に特に多いといえるのが「小指の靴擦れ」ではないでしょうか?
女性に多い理由としては、足先が細い靴が多いのが原因の一つで、ハイヒールなど女性特有の靴がという事があります。
もちろん、男性も革靴など靴擦れが起こることがあります。
靴擦れには、それなりの原因が存在しますので、そちらも踏まえて説明をしてきたいと思います。
せっかく、あたらしい靴を購入したらすぐに履きたいという気持ちになるのではないでしょうか?
そして、1日はいたら、小指に水ぶくれが起こり、これは靴擦れになったな〜という事を経験された方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

小指の靴擦れ防止対策として

 

足の指というのは、皆さんもご存じのとおりですが、ものすごい負担がかかっており、1歩1歩と歩くたびに全体重がその指に乗ります。
その際に、指と靴との間に強い摩擦が起こるので、この摩擦をふせぐためとして、「中敷き(インソール)」を使用することが、大事です。
クッション性があり、足全体の保護から靴擦れによる水ぶくれを防止することが出来ます。
インソールも使用してあまりにも足を圧迫する場合には逆に靴擦れを起こす原因になりますので、この場合には、厚手の靴下を履くなどして対応してください。
続いてが、あまりご存じの方も少ないかと思いますが、小指を守るグッズというものがあり、こちらを使用することで水ぶくれを予防することが出来ます。
またこういった小指専用のパッドを購入するというのが面倒な方は絆創膏でいいので小指に巻き付けることで予防になります。
さらに上記にもあるのですが、絆創膏も靴が自分の足になじむまでつけるのはめんどくさい!という思いの方も多いのではないかと思います。
この場合には、厚手の靴下を履くことで効果があります。
あまり新品の状態での長時間の靴の使用は靴擦れのリスクが上がるので予防にも限界があるのですが、対策を行うのが面倒であれば靴下で対応することが好ましいです。
中には、ファッションと合わない、夏場に厚手の靴下は苦しい。という方もいるかと思いますが、この場合には1日に数時間と靴擦れが起こらない状態で履くようにしてください。
次第に、自分の足になじむので、靴擦れが起こりにくくなります。

スポンサーリンク