手のひらの水ぶくれの原因

スポンサーリンク

肌があまり強くない方にとって、冬は本当につらい季節です。
乾燥によるあかぎれはしょっちゅうで、一度なってしまうとなかなか治りません。
また、洗剤を少し使っただけでも手が荒れてしまうこともあり、家事をするにも気をつかわなければなりません。
手荒れの中でも辛いのが、指の間や手のひらにできる水ぶくれです。
これは、かゆみを伴うことがほとんどのため、かいてしまい治らないという悪循環に陥り、ストレスになります。
この辛い水ぶくれの原因は一体何なのでしょうか。
この症状も、手湿疹のひとつです。
日常生活で触れるさまざまなものの刺激によって生じる皮膚炎で、皮膚の表面を保護する角層間脂質が少なく乾燥しやすい方、
仕事家事などで洗剤を使うことで角層間脂質や天然保湿因子が減ることで起こるようです。
これは一度治ったように見えても、一度なってしまうと癖になるため、同じ場所に再び水泡ができることもあります。
ウイルス性の病気とは無関係なので、人に感染するということはありません。

スポンサーリンク

この水ぶくれのできる手湿疹になるとなかなか完治しません。
少しでもはやく治すには、どうしたらよいのでしょうか。
皮膚科に行くと、ステロイド外用薬が処方されます。
これは、手湿疹をはやく治すにはとても有効です。
今まで悩んでいたのはなんだったのだろうと思うほど、痒みはなくなり治っていきます。
見た目はきれいでも、根は残っているため、ちょっとした刺激で再発することもあります。
なってしまってから治すことも大事ですが、ならないように予防することも大事です。
まず手軽にできるのが、水仕事をするときは手袋をすることです。
逆に手袋のゴムで荒れてしまう人もいますので、注意が必要です。
その場合は、薄手の綿の手袋をしてからゴム手袋をするという方法もあります。
また、手にかいた汗もすぐに拭きとることが大切です。
一番効果的なのは、水仕事をしない、荒れる原因のことを完全にやめることです。
しかし生活していく上ではそうもいかないのが現実です。
対策を上手にしながら、うまく付き合っていきましょう。

スポンサーリンク