やけどの時のエルタシン軟膏の作用って!?

スポンサーリンク

エルタシン軟膏は、やけどの治療で受診した際、良く処方される治療薬です。
その理由は二次感染を防ぐために処方されます。
エルタシン軟膏の効能は抗菌作用や殺菌作用ですので、水ぶくれが潰れてしまっていた場合、そこから細菌が入り込み、最悪細菌感染して化膿してしまう恐れがありますので、やけど部分の除菌作用や感染予防を目的に処方されています。
近年は傷口などは乾かさずに軟膏などで患部を覆い、外気に触れないようにするのと、患部から分泌される滲出液には、皮膚再生作用に必要な成長因子が含まれているので、その液体を患部に乾燥させずに溜まらせることにより、回復を早くして、やけど痕が残らない治療法へ変わってきました。
昔の治療法は、患部の消毒後にガーゼなど通気性の良いもので覆い、患部を乾かし、かさぶたが出来るのを待つ治療法でした。
現在の治療法は、そのかさぶたさえもできないように治療するのが主流になっています。
現在の治療法に変わった理由としては、滲出液を利用し皮膚の再生能力を利用して、できるだけ今までの様なやけどの後を残さないようにするためにこの薬は適用されていってもいいでしょう。

エルタシン軟膏はアミノグリコシド系の抗生物質です。
作用としては細菌の増殖を阻害し、局所の感染症を治します。
一般的にはヘルペス、にきび、とびひなどの皮膚病への塗り薬として処方されます。
また、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症や外傷、やけど、手術創などの二次感染などにも処方されます。
エルタシンは、塗り薬ですので、副作用は少ないと言われています。
しかし無いわけではなく、エルタシン軟膏を塗布後、発赤・腫れ・発疹などの過敏症状を起こすことがあります。
長期に広い範囲に用いると、耳鳴りやめまいを生じたり、場合によっては難聴や腎障害を起こすおそれもあります。
長期のエルタシン軟膏の大量使用は控えるようにしましょう。
エルタシンの有効成分はゲンタマイシン硫酸塩で軟膏は白色から微黄色でチューブに入っております。
アミノ酸系の抗生物質で、主にグラム陰性菌、ブドウ球菌、レンサ球菌などの細菌による膿痂疹(細菌感染によるとびひ)に効きます。
また、けが・やけどなどの細菌感染の予防と治療にも用います。
エルタシンは、ゲンタシン軟膏の後発品であり販売名エルタシン軟膏として2000年に輸入承認を受け、2004年に輸入承認事項の一部変更承認を受けました。
2008年に製造販売承認が出て、現在は保険適用薬になっています。
現在はOTC薬として市販されているものもあります。

スポンサーリンク