「白く固い状態の水ぶくれ」その火傷の処置とは?

スポンサーリンク

火傷には、被害を負った皮膚の深さに応じ、3段階に症状を分類します。
皮膚表面が赤くなり、ひりひりする痛みを伴う状態を最も軽度の1度熱傷とし、真皮の浅い部分がまで火傷し、赤い水泡ができた状態を、浅達性2度熱傷、真皮の深い部分まで熱が到達し、白い固い水泡ができた状態を、深達性2度熱傷とします。
3度熱傷は、皮膚全層まで火傷し茶色くなる、或いは壊死し白くなる皮膚の状態になります。
調理など日常家事で起こる火傷は、白い固い水泡ができる状態の深達性2型熱傷です。
30分程度流水で患部を冷やした後、市販の火傷治療に適用される特殊フィルムやラップを使用し、湿潤を保ち、なるべく早く皮膚科を受診します。
すぐに医師の治療を受けられない場合には、二次感染症を防ぐ為に抗菌剤や殺菌成分の配合された軟膏を塗布し、ガーゼや絆創膏を貼ります。
乾燥させると水泡が悪化しますので、傷がつれたり、目立つ瘢痕となるのを防ぐ為にも、湿潤に気を配ることが大切です。

白い固い水泡ができる状態は、ずきずきした熱っぽさを患部にはっきり感じます。
冷やし続ければ、それ以上深く皮膚が火傷を負わずに済みますので、特に本来皮膚が厚い指先が白い固い水泡ができる程の火傷を負った場合、流水で30分からできれば1時間程度は冷やした方が良い、と言われます。
回復の速さときれいな治癒には、その初動対応がとても役立ちます。
白い固い水泡は、すぐに破けることはありません。
家庭で十分な手当てをした後は、なるべく患部を刺激しない方が良いです。
患部を早く治す為に、水泡から水を抜いたほうが良いかは、医師に判断を委ねます。
完治まで患部の湿潤環境を維持し続ければ、日常生活でそれほど患部の状態を気に掛けることはありません。
白い固い水泡ができた深達性2型熱傷の完治には、患部の面積や個別的な身体事情が影響しますが、数週間を擁します。
治療期間中は、皮膚の再生に役立つビタミンCとA、十分な水分を意識的に摂取することをお勧めします。

スポンサーリンク