火傷の「白い状態」その痛い原因ってなに?

スポンサーリンク

火傷の傷が跡が白い原因は、表皮よりも深い部分にまで傷がついてしまっていることが原因になっています。
皮膚の深部には、メラニン色素が少なくなっているので、傷の部分だけ傷跡が白い状態になります。
火傷の白い傷跡に関しては、何年経っても消えることは残念ながらありません。
この場合を含めて、火傷の傷跡のケアというのはとても重要なことになっていて、最も重要になってくるのが保湿です。
保湿ローションなどを使って根気強くケアを継続していくことが大切になってきます。
白い傷跡は、コンシーラだったり、ファンデーションなどを使って隠すことが可能になっています。
白い傷跡は、深い傷が原因となっていて、白く見えてしまう皮膚は、火傷の部位が再生されることなく、線維に置き換わってしまっているのが原因になっています。
火傷の深さに関しては、1〜3度に分けることができて、2度の場合になると肌が白くなってしまうことがあります。
白くなってしまうのは、水ぶくれの下の皮膚になっていて、真皮まで達している状態になっているので、完治までに時間がかかってしまいます。

火傷をしてしまった場合は、痛い思いをしてしまいますが、すぐに流水で痛いとこの患部を冷やしてあげることが大切です。
目安となってくるのは、痛いと感じなくなるまでしっかりと冷水で冷やすようにしましょう。
目安となってくる時間に関しては、5分以上が目安になっています。
肌に白い傷が残ってしまう2度の火傷は、皮膚に強い痛みを感じてしまい、24時間以内には水ぶくれができることになります。
ですので、負傷してしまった直後の応急処置が非常に重要になってきます。
真皮へのダメージの程度にもよって異なってくることになりますが、浅い場合、2週間〜3週間で治ってきます。
真皮の深い部分にまで及んでしまうことによって3週間以上はかかってしまうことになるだけじゃなく、確実に傷が残る原因にもなってきます。
負傷してしまってすぐではなく、何日か経過して白くなっている場合の原因としては、ダメージを受けてしまった皮膚がふけてしまって白くなっているだけの可能性もあります。
あまりにもひどい火傷をしてしまうとずっと冷やしていたとしてもずっと痛い症状が出てしまうこともあるので、痛い症状がずっと続いている場合には、必ず病院へ行くようにしましょう。
病院に行けば痛い症状も改善してもらえますし、悪化してしまうこともなくなります。

スポンサーリンク