茶色くなった「やけど跡」きれいに治療する方法は?

スポンサーリンク

ずっと前にやけどした跡がr治療後もずっと消えない、茶色くシミのように残ってしまってみっともない…そんな経験はありませんか。
やけどには1度、2度、3度…と重症度によって分類があり、1度ぐらいの軽いものであれば、すぐに水で冷やすなど適切なr治療をすればきれいに治ることが多いものです。
しかし、適切なr治療を怠ったり、2度以上の水ぶくれやただれになったりしてしまったやけどでは、r治療後も薄い茶色や濃い茶色で跡が残ることがあります。
この茶色い跡は、消そうと思ってもなかなか消えません。
これは傷ついた皮膚が修復されるときに色素沈着を起こして茶色くなってしまうのが原因で、色素沈着とは皮膚が受けた刺激から、過剰にメラニン色素を作ってしまうことで起こります。
これは傷薬ではr治療することはできません。
自然に消えることもありますが、それには長い時間を要します。
次第に薄い茶色にはなりますが完全に消えるまでは何年も何十年もかかる場合も少なくありません。
では、この不快な跡を消す方法はないのでしょうか。

まずは、やけどをしてしまったとき、跡を残さないようにする。
これが一番重要かもしれません。
熱いお鍋に触れてしまったり、ヘアアイロンでじゅっとなってしまったり、日常でやけどをしてしまう場面はたくさんありますが、やけどしてそのまま放置してしまってはいけません。
できるだけ早く冷やすこと。
なるべく長い時間冷やし続け(30分以上)、その後は清潔なガーゼなどを当てて保護します。
やけどの跡に紫外線が当たるとより色素沈着を起こしやすくなりますから、日光などの紫外線は避けるようにしましょう。
それでも残ってしまったら、シミややけど跡をうすくするための市販薬が薬局薬店で売られています。
そういうものを使う方法もひとつの手です。
これらの市販薬の効能は主に代謝を促すもの。
新陳代謝を活発にして色素沈着を起こした皮膚を追い出してしまうのです。
色素沈着を消すのに一番重要なのは、肌のターンオーバー(新陳代謝)を活発にすることなのです。
ですので、新陳代謝が活発になる食べ物を食べる、ビタミンCを取る、身体を健康に保ち、睡眠をたっぷりとるなど、肌に良い方法をとればより跡が薄くなりやすいと言えます。
それでも消えない、気になるという場合は医師に相談し、レーザーr治療を受けるという方法もあります。
が、お金をかけて治す方法は最後の手段、その前に自力で治せる方法をいろいろ試してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク