指のやけどの処置と対処とは?

スポンサーリンク

指をやけどしてしまった場合、病院治療が必要になってくるのは、2度以上になっています。
2度と1度の違いは、水ぶくれができているかどうかで判断することができます。
指に水ぶくれができてしまっている場合は、2度以上のやけどになっているので、水ぶくれを潰さないようにするために傷口を清潔なガーゼなどを使って保護し、病院を受診することが大切です。
指をやけどしてしまって水ぶくれができていたとしても、範囲が狭いという場合には、病院へ行かない人も多くいます。
適切な処置を施せば、傷跡も残らずに治ることもあります。
ですが、2度の場合になってくると傷の深さが広いですし、大人の場合は、身体の30%以上を2度になってしまうやけどをしてしまった場合は、ショック状態になってしまうことがあるぐらいの怪我であることをしっかりと認識しておく必要があります。
やけどをしてしまった際には落ち着きながら行動をすることが大切です。
これは指以外の部分にも言えることです。

やけどをしてしまってかかることになる診療科は皮膚科になっています。
指のやけどの原因として、キッチンで調理をしているときなどにガスコンロや熱湯などによって負傷してしまったことが多いのが現状になっています。
皮膚科では温潤療法と呼ばれている、本来身体が持ち合わせている自然治癒力を活かした処置が行われていくことになります。
温潤療法による処置に関しては、傷跡も残りにくいですし、痛みもあまり感じることなく早い段階で完治が見込めるといった特徴を持っている処置になっています。
指じゃなく手足をやけどしてしまった場合、すぐに水道水を出しっぱなしにしながら冷やすようにして応急処置を取ることが大切です。
熱による水ぶくれといった変化を防ぐことになる冷却の場合は、3分〜5分程度水道水で冷やしてあげることが目安の時間となってきます。
このように正しい処置や対処を行うことによってその後の問題も楽になってきます。
間違った対処をしてしまうことによってさらに症状を悪化させてしまう原因にもなってくるので、正しい対処を身につけて実践していくことが重要です。
正しい対処を知っていることによって自分が負傷したときだけでなく、友達や周りの人が負傷したときに正しい対処を行ってあげることができます。
ですので、正しい対処を身につけることは最も重要です。

スポンサーリンク