火傷跡ってどうして茶色になるの?

スポンサーリンク

火傷をしてしまった場合、茶色く跡が残ってしまうことがあります。
1度の軽度の火傷は、6時間以内にしっかりと適切な処置を行うことによってほとんど茶色の跡が残ってしまうこともありません。
ですが、2度や3度の火傷になってきてしまうとどうしても茶色の跡が残ってしまう可能性が高くなってきてしまいます。
火傷跡は、皮膚が熱傷によって損傷してしまい、それを修復してくれる間に色素沈着が起こってしまうので跡になってしまうのが原因になっています。
この色素沈着に関しては、ビタミンCを多く摂取していくことによって緩和させていくことが可能になります。
ビタミンCを積極的に摂取していくことによって、体内でコラーゲンが、火傷跡を目立たなくさせてくれることになります。
また、紫外線には注意する必要があります。
紫外線を浴びてしまうことによって色素沈着を促進させてしまう原因になります。
ですので、外出する際など紫外線を浴びてしまうような環境になるときには、衣類や手袋、日焼け止めなどを遣うようにして紫外線を浴びないようにしましょう。

皮膚の再生を促してくれるビタミンCを積極的に取っていくようにして、身体の内部から火傷の跡を消してしまう方法に加えて、外部から直接ビタミンCを塗布する方法も有効になっています。
高濃度のビタミンCが配合されているようなローションなどを使用し、患部に直接塗りこんであげることによって茶色になってしまっている跡を目立たなくさせていくことができます。
ドラッグストアなどに傷あと改善外用薬も多数販売されているので、それらを使っていく方法も有効的な方法となっています。
火傷をして茶色くなってしまうのを防ぐためにまずすることは、冷たい水で、患部をすぐに冷やすといった応急処置です。
冷やすことによって茶色くなってしまいにくくなってきますし、火傷の深さの進行も止めることが可能となって、痛みを軽減されていきます。
手足の場合には、水道水を使って冷やして、流水ができないような部位の場合には、保冷剤や氷を包んでいるタイオウを使って冷やしましょう。
患部を茶色くしてしまう原因を作らないためにも負傷した直後の対応が非常に重要になってきます。
間違った応急処置をしてしまうことによって茶色くしてしまう原因を作ってしまうだけではなく、症状をさらに悪化させてしまう原因にもなってきてしまいます。
そのような原因を作らないためにも正しい応急処置を行いましょう。

スポンサーリンク