火傷の際のワセリンの有効性と作用って?

スポンサーリンク

ワセリンは保湿等の様々な用途で使用されているものです。
その用途の一つに火傷の際の処置もあります。
ワセリンを火傷の処置に使用することで、皮膚を保護してくれるため皮脂でふたをするという作用をしてくれます。
そのため、肌に密着するため保護する膜を作る作用をし、水分を蒸発しないようにしてくれます。
それにより、肌の新陳代謝を促進し保護することで火傷による傷を早く治してくれる作用をしてくれます。
ワセリンの使用方法も簡単で、実際に火傷した際にはラップにワセリンを塗りそのラップを患部に当てることが有効となります。
火傷の治療には、火傷にくっつくことなく処置の後簡単にはがれるということが大事となります。
それを実現できるのがラップにワセリンを塗るという方法で、なおかつしっかりと作用してくれます。
ラップを当てた後はラップ付近をテープで止め、その向きからガーゼやタオル等を当てることで抽出液で周りが汚れることを防ぐこともできます。

また、火傷の際はすぐにしっかり冷やすことと、傷とその周辺の皮膚については毎日しっかり水で洗うことも大事となります。
さらにラップをこまめに取り替えることも大事になります。
そうすることで雑菌が入ることを防ぐことができ、よりワセリンの作用を感じることができます。
何日か経てば目に見えて作用が分かるほどの効果があり、自宅で手軽に処置することができる方法であるため有益な治療法といえます。
ワセリンは無害となっている他、ドラックストア等で簡単に手に入れることができるため、持っておくと安心できるものです。
ただ、酸化しやすいものでもあるため、消費期限がきちんと定められているためそこだけ注意する必要があります。
安全性が高く赤ちゃんから高齢者まで使用できるため、誰にでも使うことができる便利な方法といえます。
もちろん有益な方法ではありますが、傷が広範囲の場合や自分では処理しきれない場所を火傷してしまった際には、きちんと病院で診てもらうことが大事となります。

スポンサーリンク