指に出来る水ぶくれの種類と処置

スポンサーリンク

指に出来る水ぶくれは見た目という意味でも気になりますが、その種類や症状によっては痛みやかゆみが生じたり、まったくそういった症状がなく、ただ水ぶくれだけが出来るようなものもあります。
こういった水ぶれの中でも、一般的に多いとされているのは別名主婦湿疹ともいわれる手湿疹です。
手湿疹の原因として考えられているのは、乾燥肌と日常的に触れるものによる刺激で、とくに洗剤やシャンプー、水仕事などが影響していると言われています。
医療機関での処置方法としては、ひどい場合はステロイド系の薬を利用することになります。
また日常的な改善方法として、水仕事を控えたり、水仕事の際にはゴム手袋を使用すると、予防になります。
さらに刺激の少ない無添加の洗剤やシャンプーを使うようにするのも良さそうです。
他にも水ぶくれの病名としては、アトピーや掌蹠膿疱症、かぶれであるアレルギー皮膚炎、夏によく発症する汗疱、別名水虫とも言われる白癬などがあります。

スポンサーリンク

指の水ぶくれに関しては、手湿疹や汗疱、アトピーやアレルギーの場合は、ある程度ライフスタイルを見直し、改善することで症状が緩和されたり、予防になることもあります。
アレルギーに関しては原因が分かっているならば、それを取り除くようにしましょう。
もっともアレルギーの原因は人によってさまざまですし、原因が分かりにくいこともあります。
よって自分での判断が難しい場合は、医療機関でアレルギーテストをしたりして、改善を心がけると良いでしょう。
そして汗疱やアトピーに関しては、手湿疹同様に水仕事は控え、肌に優しい素材の洗剤やシャンプーを使うようにしましょう。
また汗疱に関しては専用の市販薬も売られているので、それを利用しても良さそうです。
ちなみに白癬に関しても、症状が軽い場合は市販薬で十分効果があります。
そんな白癬と間違えられやすい掌蹠膿疱症は、現段階では詳しい原因は分かっておらず、細菌の感染やかぶれなどと異なり、白血球の一種がたまって水ぶくれになります。
よって医療機関を受診し、適切な処置をしてもらうのが一番です。

スポンサーリンク