パンプスの素足による靴擦れについて

スポンサーリンク

女性というのは、男性に比べて足元まできれいにという事もあり、靴までしっかりとコーディネートすることが多いです。
そんな靴のなかで「パンプス」というものがあります。
パンプスを履く際というのは、靴下が短いものや、薄手のもの、また素足で履くことが多いのではないでしょうか?
なんとも言えないことですが、あまり靴下が見えるような形ですと、あまりスマートに見えないという事があるのではないかと思います。
このパンプスを履いた際に注意したところが「靴擦れ」です。
女性ですとヒールも含め結構、靴擦れになるものが多いので気を付けていきたいと頃ですね。
パンプスというのは、もともとデザインが先の部分が狭まっていく形のものがほとんどです。
そのため、どうしても歩行の際に、小指に負担がかかってきてしまいます。
特に長時間の歩行を行うと靴と皮膚のとの接点の時間も長くなるので、その分摩擦によって靴擦れが起こりやすい傾向にあります。
デザインや流行という事もあるのですが、できるなら少し、小指の負担を軽減できるようなパンプスを履くことが好ましいところです。

スポンサーリンク

またパンプスで注意をしてもらいたいのが衛生面です。
パンプスというのは、素足や薄手、短めの靴下をはくことが多いです。
そのため、どうしても汗を吸収しきれないという事が起こります。
これによって雑菌が繁殖しやすい形になってしまいます。
この時に靴擦れが起こると、水ぶくれが破けた際に、その中に雑菌が入り込んでしまいます。
雑菌が入り込むことで皮膚が炎症を起こし化膿、そして膿んでしまうという事になります。
女性のとして、素敵な靴を履いてみたいという事があるかと思います。
この場合には、ちょっと余裕のあるデザインや大きさの靴を購入する。
また、靴というのは履いているうちに本人の形にフィットしてくるという事があるので、毎日新しい靴を履くのではなく1日おきに、新しく靴、古い靴と履きかけることで徐々に新しい靴にならしてくという事が大事なります。
また、もしも靴擦れが起こったら負担にならない靴を履くことや、「絆創膏」できることなら「疵パッド」などで患部を保護してあげることで症状の悪化を防ぐとともに、治りが早くなるという事がありますので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク