靴擦れや水ぶくれが出来る原因って何!?

スポンサーリンク

皆さんは、普段の生活で靴擦れを経験したことがありませんか?
きっと多くの方が靴擦れという症状で悩んだ経験があるのではないでしょうか?
その際に、ふと考えたことがありませんか?なぜ靴擦れがおこるのか?なぜ水ぶくれがおこるのか?今回はそんな「靴擦れに原因」について説明をしていきたいと思います。
靴擦れというのは、水ぶくれがさほど大きくない状態であれば軽度であり、症状も比較的に軽いので早期に症状が改善します。
しかしながら、水ぶくれが大きく破れてしまった場合には症状が治るのに時間がかかってしまいます。
基本的には、靴擦れの完治するまでの時間というのは3日ほどから7日もあれば症状がほとんどの場合治るかと思います。
さてこの靴擦れが起こる原因なのですが、多くの場合に新しい靴を履いた場合に症状が起こることが多いです。
またほかの原因として靴のサイズがあっていない場合という事もあります。

スポンサーリンク

新しい靴が原因という理由としては、靴というのは万人に履けるように作られています。
しかし、個人の足の細かい部分まではとうぜんながら考えられて作られていませんので、接点があった部分が極端にすれるといった現象によって水ぶくれが発生します。
同じく大きい靴が原因である場合も一部分が接点となり摩擦によりこすれることで症状が起こります。
そして、靴の中というのは雑菌が繁殖しやすい状況でもありますので、その中で水ぶくれが破れると、雑菌や細菌が侵入することになります。
そして、患部が炎症を起こしたり、化膿するという事になります。

 

このような症状を改善する方法として、靴や靴下を清潔にするという方法も中にはあるのですが、実際問題として菌の繁殖というのは非常に早いので衛生面で靴を清潔にするのは現実的ではありません。
まず靴擦れの予防としては、新しい靴ではあまり歩かない、激しい動きをしないといった靴と皮膚との摩擦が起こらないようにして新しい靴が自分の足にフィットするまでゆっくりと慣らしていくことが大事です。
1日ずつでもいいので新しい靴と履きなれた靴とを交互に履くようにするといいかと思います。

スポンサーリンク