靴擦れを早く治す方法とは?

スポンサーリンク

靴擦れを起こすことで、水ぶくれが起こります。
特にサイズの合わない靴を履いた場合に多く発生し、足と靴がこすれることで皮膚が傷つきます。
そして、皮膚の内部に水(浸出液)が溜まることで水ぶくれが起こります。
水ぶくれはの治療期間というのは、大体にはなりますが、軽度なもので3日4日で治ります。
大体のものが1週間程度で治るのですが、この1週間が生活の上でなかなか長く靴擦れの痛みをかんじながら過ごすことになります。
今回はそんな「靴擦れを早くなす方法」について説明をしてきたいと思います。
靴擦れの症状が起こって結構放置する人というのも多いのではないかと思います。
しかしそのような方法では水ぶくれが破れてしまい、ばい菌が入り込んでしまいかのうしてしまいます。
またどんどんと治りが遅くなってしまいます。
ではどのような治療方法が効率よく靴擦れを治すことができるのでしょうか?

 

治療方法

 

これは火傷と同じような治し方になるのですが、「湿潤療法」という方法がお勧めです。
この方法というのは、外気と傷(水ぶくれ)を隔離することで細菌などの感染を防ぎなおかつ傷が治りやすい状態を作るものです。
方法については下記になります。

スポンサーリンク

1患部を洗い流す
2水ぶくれを針などとがったものでつぶす。
3水ぶくれ内部の浸出液を取り出す。(ぺちゃんこの状態にします)
4ワセリン(ヴァセリン)やオロナインを塗る。
5市販でもあるキズパッドや絆創膏をはる。
※水ぶくれを覆えるほどの大きさがあるのが好ましいです。
6はがれだしたら新しいものに交換する。

 

というようなこうていになります。
普段、靴擦れが起こると絆創膏を使う方というのはけっこう多いかと思いますが、そこに一手間加えることで治りが非常に早くなります。
足というのは、靴を履いたりと細菌の増殖が速い場所でもありますので、できる限り外気と隔離することで早く治すことが出来ます。
また場所によっては絆創膏が張りにくい場所もあるかと思いますが、この場合には上記にもありますが、キズパッドを使用するとはがれにくく、絆創膏では張りにくい場所でも対応ができるかと思います。
簡単なのでぜひためしてみてください。

スポンサーリンク