靴擦れの際に「オロナイン」は効果ってあるのかな?

スポンサーリンク

水ぶくれというと、やけどの際に出来ることが多いですよね?
そのため、皆さんの意識の中でも、水ぶくれ=やけどと連想してしまう方も多いかもしれません。
そんな、水ぶくれですが、靴擦れでも症状がおこります。
運動をされている方や、女性ですとこの靴擦れの経験がけっこうあったりします。
もちろん、他にも新しい靴を買ったり、形がいまいち自分の足になじまないという場合でも、この靴擦れというのは発生します。
靴擦れというのは原因が様々ですが、患部が擦れてしまうことで水ぶくれがおこることが多いようです。
そして、この靴擦れというと痛みですよね?また人によって水ぶくれが破けてしまって内部の液体が漏れてしまうということが多いです。
そこれ今回はこの靴擦れの治療で使用するクスリとして「オロナイン」について触れて行きたいと思います。
オロナインと言えば、肌の炎症に効力を発揮するお薬です。
軟膏タイプで、ニキビから肌荒れ、炎症、やけどなど非常に多岐に渡り使用することが出来ます。
では靴擦れに対してはどうでしょうか?

スポンサーリンク

まず使用するにあたってですが、靴を履いた状態で使用するのはあまり好ましくありません。
これは靴をはいた状態であると、軟膏といえど剥がれてしまうこともあり、靴内部の細菌がオロナインを媒体にして繁殖してしまうこともあるためです。
ですので、靴を履いていない状態で使用すること、また使用前に消毒を行うようにしてください。
このように使用すればオロナインというのは本来の力を発揮してみずぶくれに効果をもたらします。
また、これ以外にも重要になるのが、やけどの際にに使用する火傷用パッドやシート、バンソーコの防水タイプを使用すると、水ぶくれの症状が治るのが早いです。
特に防水用の絆創膏というのは、日常で靴を履いた際にも、殺菌作用があり他にも患部を守ってくれるという効果があるため、オススメです。
この場合に、オロナインを使用するという方法もありますが、効果に関しては、ずば抜けて高いということはありません。
ですので、どちらかというと靴を履いていない自宅での使用の方が好ましいかと思います。
また医療機関という方法もありますで、病院に行って治療!これももちろん正解になりますので、選択肢としていろいろ考えて見てください。

スポンサーリンク