靴擦れでできた水ぶくれの治療

スポンサーリンク

靴擦れでかかとや指に水ぶくれができた事は誰にでもありますね。
水ぶくれとは、皮膚の下に体から出た水分が溜まった状態で、傷を保護して治すために起きる反応です。
水ぶくれができて膨らんでいる場合は、無理に水を抜いたり皮を剥がさずにそのまま絆創膏などで保護するのが1番です。
無理に剥がすと雑菌に感染して可能することもあります。
皮が剥けてしまった場合は、患部を清潔にして消毒します。
剥けてしまった皮は切り取りましょう。
かさぶたを作らないタイプの絆創膏は体液を保持する働きで薄皮の代わりをするので、傷の治りが早くなります。
傷から雑菌が入り込んで化膿してしまった場合は、皮膚科や形成外科などを受診して治療した方が良いです。
炎症が広がると患部以外の足全体の疾患にもつながります。
治ってからも絆創膏で予防したりパッドなどを入れて工夫しましょう。
傷がの治るまでは、靴擦れを起こした靴を履かないようにしましょう。
同じでは傷ができた場所を同じように擦るので傷がひどくなります。

スポンサーリンク

新しい靴や合ってない靴を履くと擦れて痛むこともありますが、元々靴擦れしやすい人もいます。
足の形が特殊で骨が出っ張ったりしているとどんな靴を履いても合わなかったり、左右の足の大きさが違う為に片足だけが痛む場合があります。
自分に合っていない靴や素材が硬いブーツや革、ハイヒールなどが合っていないと靴擦れを起こしやすい上に、指先が変形して外反母趾などの原因にもなります。
他に、歩き方も影響します。
姿勢が悪かったり歩き方が原因になるので正しい姿勢を意識すると良いですね。
靴底が左右非対称に擦り減ったり、内側や外側の減りが激しい場合は体自体に歪みがある可能性が高いです。
骨格矯正を受けてもいいかもしれません。
一番大切なのは自分に合った靴を選ぶことです。
履き始めは靴の型が馴染んで柔らかくなるまで当たる部分を保護して傷や痛みを予防しましょう。
摩擦を軽減してくれるパッドやクッション性の高い絆創膏やテープを貼ったり、靴下を履いて出かけます。

スポンサーリンク