靴擦れが痛くて歩けない場合の予防と対処とは?

スポンサーリンク

靴擦れによって、足が痛いという経験をされた方というのは、かなり多くいらっしゃるのではないかと思います。
特に女性ですと、足を美しく見せるという事で、幅が狭く、素材が硬いという靴も多く存在しており、これも靴擦れの症状を引き起こす原因として関係している部分もあります。
さて、今回は「靴擦れが痛くて歩けない場合の対処方法、そして予防」について説明をしてきたいと思います。

 

まず靴擦れの原因ととはいったいなんでしょうか?

 

原因はいろいろありますが、大まかに原因となるものが
足のむくみ
歩き方や歩く量
靴のサイズ
靴の形
靴の素材
とカンタンに説明をしましたが、人側の問題から靴自体の問題と様々です。
これらを改善するためにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

靴擦れの予防対処とは?

 

基本的には、靴選びが大きいのではないかと思います。
この選択次第では全く、靴擦れが起こらないで過ごすこともできます。
しかし、女性の場合には冒頭にも書いてありますが、女性には足元も美しくというようなこともあり、形状が細いものがあります。
これも踏まえてですが、まずは
・足を圧迫する靴を購入しないようにする。
これが、予防対策としてもとても重要です。
そして、
・靴を購入するのは、夕方以降が好ましいです。
基本的に朝起きて夜寝るというスタイルの方ですと、夕方になるにつれて老廃物が足にたまるので自然と足がむくんできます。
そのため、むくみを最初から考えて靴の購入をするのがこのましいです。
続いてが、
・靴の素材が硬い場合には、履きなれたものと交互に履く。
靴というのは特に新品では硬いという事があります。
また万人に合わせて靴は作られているので自分の足に合っていません。
そのため、徐々に足に靴をなじませて靴擦れが起こる前に靴を自分用に変えていくという事です。
履きなれた靴であれば靴擦れが起こるという事は稀になります。

また、長時間歩くというのも靴擦れの原因としてあり、特に新品や硬い場合には顕著に靴擦れが起こります。
靴擦れが起こった場合には、キズパッドなど患部を保護するとともに、細菌が入り込むことを防ぐことが重要となります。

スポンサーリンク