革靴による「かかと」の靴擦れの原因と治療とは?

スポンサーリンク

皆さんは、どういった時に靴擦れを経験されたことがあるか覚えていますか?
大体、こういった質問をすると、靴擦れの症状に目が行ってしうので、どうだったかな〜?と思う方もいるかもしれません。
さて、今回は「革靴が原因によるかかとの靴擦れ」について説明をしてきたいと思います。
女性、男性を問わず、この靴擦れが起こりやすい靴として多いのが、革靴です。
ビジネス靴から、作業靴、登山用からファッションと実に多くの革靴があり、そのフィールドんに合わせて靴をコーディネートするのではないかと思います。
さて、なぜ革靴をはくと靴擦れがおこりやすいのでしょうか?
それは、素材となる皮が硬いからなんです!!
まぁ、言うまでもないよ!という風に思われている方もいるのではないかと思います。
この硬い素材というのはが足と素材ですれることで靴擦れが起こります。
そのためこの症状を防ぐためにはまず、「靴を柔らかくする」ということが大事になります。
とはいってもなかなか難しいという事もあります。

スポンサーリンク

履くまで毎日、手でマッサージをして柔らかくしたり、アルコールをぬって柔らかくする。また油を塗って柔らかくするという方法もあります。
しかし、せっかく買った靴だから早く履きたいという方もいらっしゃるかと思います。
この際に、重要になるのが「クッション性」です。
素材が硬いということで、その分、足側を保護してあげる必要があります。
それが、厚手のソックスであったり、絆創膏であったりサポーターなどがあります。
あくまでこれらは予防策という形になり、面倒という事で行わない方も多いかと思います。
また初期の段階ではあまり長時間、革靴を履いて移動するというのはしないほうがこのましいです。
足と革靴がすれる回数が減るので実質的に予防につながります。
いくら、防いでも起こるのが靴擦れです。
もしも、靴擦れが起こったらどうすればいいのでしょうか?
この場合には、履きなれた靴を履くことが重要で、なおかつ多少の余裕がある靴というのもポイントです。
これによって、足の負担が減り、靴擦れの箇所の痛みも減少します。
また患部はキズパッドや大き目な絆創膏を張るだけでも治療時間を短縮することができますのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク